「かがわ県産品コンクール」表彰式 知事賞など7品入賞 リキュール、和三盆、文具… 香川 – 産経ニュース

「かがわ県産品コンクール」表彰式 知事賞など7品入賞 リキュール、和三盆、文具… 香川
産経ニュース
一般はマルモ印刷(三豊市)の「さぬきの国の郷土玩具 文具シリーズWATOY」。高松張り子などの郷土玩具をデザインにあしらったメモ帳やポストカード、付箋などをシリーズ化した。 表彰式では浜田恵造知事らから、受賞企業の代表に表彰状などが手渡された。審査委員長の …

招き猫、虎、天神様…張り子人形300点展示 千葉・野田市郷土玩具 … – sippo(シッポ)


sippo(シッポ)
招き猫、虎、天神様…張り子人形300点展示 千葉・野田市郷土玩具 …
sippo(シッポ)
千葉県野田市上花輪の郷土玩具収集家、高梨東道(はるみち)さん(71)は、43年にわたって主に土人形や張り子人形を7千点以上、全国から集めてきた。そのうちの …
「立体妖怪図鑑」兵庫県立歴史博物館編 : J-CASTニュースJ-CASTニュース

all 2 news articles »

「立体妖怪図鑑」兵庫県立歴史博物館編 – J-CASTニュース

「立体妖怪図鑑」兵庫県立歴史博物館編
J-CASTニュース
1部・描かれた妖怪では、百鬼夜行絵巻・妖怪図鑑・おもちゃ絵。2部・江戸の立体妖怪では、妖怪根付・人形浄瑠璃と妖怪・お化け屋敷。3部・郷土玩具と妖怪では、江戸玩具の妖怪・神戸人形・妖怪張り子。4部・現代の妖怪造形では、現代の妖怪フィギュアなどを中心に、 …

お盆の夜を伝統の「鯛車」で彩る – 新潟日報


新潟日報
お盆の夜を伝統の「鯛車」で彩る
新潟日報
新潟市西蒲区の巻文化会館前で13日、巻地域に伝わる郷土玩具「鯛車」の明かりで夜を彩るイベント「鯛の盆」が開かれた。ろうそくの明かりがともされた鯛車約200台を並べた光のページェントや、墓参り客への貸し出しもあり、鯛車の柔らかな光が盆の夜を彩った。 鯛車は、竹 …

日本画を子どもたちへ伝える – 東海日日新聞


東海日日新聞
日本画を子どもたちへ伝える
東海日日新聞
アトリエには、高畑さんが集めた、日本画のモチーフに多用される郷土玩具がずらり。子どもたちは、課題に沿って、自分が描きたいものを自由に手に取り、選ぶ。恵まれた環境の中で、伸び伸びと創作に励む。 黒田花日さん(中2)は日本画歴3年。「日本画は難しいけど楽しい」と …

犬猫との暮らし 変遷展示 – 読売新聞

犬猫との暮らし 変遷展示
読売新聞
特別展では、時代ごとでの犬や猫の位置づけを、 埴輪 ( はにわ ) や絵巻物、浮世絵、郷土玩具から現代のフィギュアに至るまで約380点を通じて紹介している。 平安時代、貴族たちのステータスとして飼われた猫がひもでつながれている一方、犬は放し飼いされていた。17世紀 …

「地元目線」福岡編 vol.15 山響屋 – ガジェット通信


ガジェット通信
「地元目線」福岡編 vol.15 山響屋
ガジェット通信
今回は、昨年5月にオープンした福岡市・今泉にある、「山響屋(やまびこや)」を紹介します。ここは、九州各地の民芸品や郷土玩具の店で、店主が自ら、作品を制作されている各地をまわり、直接作り手から話を聞き仕入れてきているとのことです。そんな店主のスタイルがストリート …

「おまけ」が主役 食玩フェス – 47NEWS

「おまけ」が主役 食玩フェス
47NEWS
プラモデルや菓子のおまけ玩具(食玩)を集めた「おかやまホビーフェスタ」が10日、岡山県矢掛町矢掛のやかげ郷土美術館で始まる。食玩メーカーのある岡山からホビー文化を発信しようと、倉敷市の愛好家グループ「メテオ・インパクト」が初めて企画した。14日までで、入場 …

日本神話に親しもう 浜松市博物館でテーマ展 – 中日新聞


中日新聞
日本神話に親しもう 浜松市博物館でテーマ展
中日新聞
八月三十一日まで。 日本神話は皇国史観などの影響から戦前まで、人々に親しまれてきたが、現在は高齢者でもなじみが薄くなっている。テーマ展では日本神話を題材にした絵や郷土玩具、写真など七十点余りの資料を展示している。神々が描かれた錦絵やすごろくも並ぶ。

平松 洋子・評『a day in the life』安西水丸・著 – 毎日新聞

平松 洋子・評『a day in the life』安西水丸・著
毎日新聞
気に入りの郷土玩具。収集したスノードーム。料理や台所……身辺のこと、日常を語りながら、つねにペン先は過去の記憶を探り当て、掘り起こす。重複を恐れず、繰り返し、繰り返し記すことで自分の記憶とあらたに出会い直してゆくのである。 「春、学校から帰って母がいないと、 …