こんなに可愛く…。和紙製の名古屋提灯「テーブルランプ・だるま」 – ギズモード・ジャパン


ギズモード・ジャパン
こんなに可愛く…。和紙製の名古屋提灯「テーブルランプ・だるま」
ギズモード・ジャパン
という感じです。 だるまは鎌倉時代に伝わった禅宗の達磨大師が発祥で、これとは別に各地の郷土玩具である「起き上がり小法師」がミックスされて現代の形になったと言われています。僧侶の似姿から生まれた「だるま」ですから、叱咤激励してくれそうな表情というのも納得です。

and more »

夏休み特別企画『K-Culture と日本のおもちゃで遊ぼう』 2016 年7 … – ValuePress! (プレスリリース)


ValuePress! (プレスリリース)
夏休み特別企画『K-Culture と日本のおもちゃで遊ぼう』 2016 年7 …
ValuePress! (プレスリリース)
そして、日韓のおもちゃと遊び、木で作った日本の郷土玩具の展示など、このイベントでしか味わえない人と人の交流が生む遊びとおもちゃの素晴らしさを伝えます。また、韓国文化院は、『2016 ソウル国際図書展』で紹介された人気絵本130 冊、日本語に翻訳された韓国の絵本、 …

夏休み特別企画『K-Culture と日本のおもちゃで遊ぼう』 2016 年7 … – ValuePress! (プレスリリース)


ValuePress! (プレスリリース)
夏休み特別企画『K-Culture と日本のおもちゃで遊ぼう』 2016 年7 …
ValuePress! (プレスリリース)
そして、日韓のおもちゃと遊び、木で作った日本の郷土玩具の展示など、このイベントでしか味わえない人と人の交流が生む遊びとおもちゃの素晴らしさを伝えます。また、韓国文化院は、『2016 ソウル国際図書展』で紹介された人気絵本130 冊、日本語に翻訳された韓国の絵本、 …

跳び箱? 実は小物入れ – 山陽新聞 (会員登録)


山陽新聞 (会員登録)
跳び箱? 実は小物入れ
山陽新聞 (会員登録)
倉敷市美観地区の日本郷土玩具館プラスワンギャラリー(同市中央)で、ユニークなミニチュア跳び箱が展示販売され、注目を集めている。“箱”に着目し、おもちゃや小物などを収納できるようにしたアイデアグッズ。実物と同様、最上段に同市の伝統産品・帆布を張ったご当地グッズ …

and more »

跳び箱? 実は小物入れ – 山陽新聞 (会員登録)


山陽新聞 (会員登録)
跳び箱? 実は小物入れ
山陽新聞 (会員登録)
倉敷市美観地区の日本郷土玩具館プラスワンギャラリー(同市中央)で、ユニークなミニチュア跳び箱が展示販売され、注目を集めている。“箱”に着目し、おもちゃや小物などを収納できるようにしたアイデアグッズ。実物と同様、最上段に同市の伝統産品・帆布を張ったご当地グッズ …

and more »

吾輩は…セミとったりビール飲んだり 小説の猫、土鈴で – 朝日新聞


朝日新聞
吾輩は…セミとったりビール飲んだり 小説の猫、土鈴で
朝日新聞
夏目漱石の没後百年に合わせ、小説から好きな場面を選んでユーモアあふれる姿を再現。奈良市の郷土玩具店「瑜伽(ゆが)」で千円~1200円で販売している。 小説は、吾輩が酔って水に落ち、意識が遠のいて終わる。それでは救いがないと、ビールを飲む猫に救命胴衣を着せ …

モンゴルで実見の生活映す 『スーホの白い馬』で講演 – 教育新聞


教育新聞
モンゴルで実見の生活映す 『スーホの白い馬』で講演
教育新聞
こうしてスケッチブックとカメラを手に、満州国中を巡り歩き、その地の庶民生活を愛し、郷土玩具を集めた。それらの様子を新聞や週刊誌に書いた。その描写や観察眼は、研究者のようだった。 日本に引き揚げるとき、持ち出しが禁じられている写真244枚、スケッチ約100枚など …

親子連れが木の葉猿づくり 熊本市の国際民芸館 – 熊本日日新聞


熊本日日新聞
親子連れが木の葉猿づくり 熊本市の国際民芸館
熊本日日新聞
熊本市北区の熊本国際民芸館(井上泰秋館長)で18日、親子ら23人が郷土玩具の木の葉猿作りを楽しんだ。 子どもたちに民芸の面白さを知ってもらおうと、毎年7月に夏期教室として開催。今年は玉東町の「木の葉猿窯」の永田禮三さん(78)が、ご飯を食べる格好の「飯くい猿」 …

and more »

親子連れが木の葉猿づくり 熊本市の国際民芸館 – 熊本日日新聞


熊本日日新聞
親子連れが木の葉猿づくり 熊本市の国際民芸館
熊本日日新聞
熊本市北区の熊本国際民芸館(井上泰秋館長)で18日、親子ら23人が郷土玩具の木の葉猿作りを楽しんだ。 子どもたちに民芸の面白さを知ってもらおうと、毎年7月に夏期教室として開催。今年は玉東町の「木の葉猿窯」の永田禮三さん(78)が、ご飯を食べる格好の「飯くい猿」 …

and more »

妖怪フィギュアずらり 姫路・歴史博物館で特別展 – 神戸新聞


神戸新聞
妖怪フィギュアずらり 姫路・歴史博物館で特別展
神戸新聞
からくり人形など江戸時代の立体妖怪をはじめ、昭和初期にブームとなった「郷土玩具」の土人形や張り子、怪物やSF映画の怪獣ら高度成長期に流行った特撮のフィギュアなどをテーマ別に展示。時代を追うごとに、異形の立体造形の製作が盛んになってきた様子を紹介している …