ハーフタームのお出かけに!誰もが童心に返れる V&A Museum of Childhood – ジャーニー


ジャーニー
ハーフタームのお出かけに!誰もが童心に返れる V&A Museum of Childhood
ジャーニー
家を買うかわりに工房や百貨店を建て、日本の工芸品を広めて元気にするという趣旨のゲームで、監修は、コピーライターで、日本モノポリー協会の糸井重里会長! コマは中川政七商店による奈良の新郷土玩具「鹿コロコロ」をモチーフにしたコマがカワイイ!! 1日いても飽き …

ハーフタームのお出かけにピッタリ!誰もが童心に返れるV&A Museum of Childhood – ジャーニー


ジャーニー
ハーフタームのお出かけにピッタリ!誰もが童心に返れるV&A Museum of Childhood
ジャーニー
地下鉄Bethnal Green駅から徒歩すぐ。世界のおもちゃやおもちゃの歴史がわかる「V&A Childhood Museum」に行ってきました。Victoria & Albert Museumの分館として、おもちゃや子供に関する展示品のために設立された博物館です。ハーフタームが始まったばかりの週末は …

鳥取 鳥取県岩美町・岩井温泉 住民には「我が家の風呂」 旅館3軒と共同浴場、源泉かけ流し /中国 – 毎日新聞

鳥取 鳥取県岩美町・岩井温泉 住民には「我が家の風呂」 旅館3軒と共同浴場、源泉かけ流し /中国
毎日新聞
温泉地といえば土産物。3軒の旅館が建ち並んでいた通りに、干支(えと)にちなんだ木製郷土玩具を古くから手掛ける「おぐら家」がある。引き戸を開けると鳥取県伝統工芸士に認定されている小椋愛子さん(86)がちょうど制作中だった。手のひらに乗るサイズの作品は色合いや …

「趣味人」が伝えた郷土玩具 – 毎日新聞

「趣味人」が伝えた郷土玩具
毎日新聞
玩具も大量生産品に変わっていきます。一方で、驚くほどの熱を帯びていったのが、全国各地の風土に根差した郷土玩具の収集です。ムーブメントの中心にいたのが「趣味人」と称する、異能のクリエーターたちでした。その一人、川崎巨泉は、生玉人形はもちろん、郷土玩具5000 …

恋しいポタージュ風 牛乳入り会津白べこラーメン – 日本経済新聞


日本経済新聞
恋しいポタージュ風 牛乳入り会津白べこラーメン
日本経済新聞
会津産の牛乳を使った「会津白べこラーメン」は冬にもってこいのご当地ラーメンだ。 「くるくる軒」の「くるくるラーメン」. 牛乳を使ったラーメンが会津で誕生したのは今から約30年前のこと。会津の郷土玩具「赤べこ」にちなんで「白べこラーメン」と名づけられた牛乳入りラーメンは、 …

and more »

恋しいポタージュ風 牛乳入り会津白べこラーメン – 日本経済新聞


日本経済新聞
恋しいポタージュ風 牛乳入り会津白べこラーメン
日本経済新聞
会津産の牛乳を使った「会津白べこラーメン」は冬にもってこいのご当地ラーメンだ。 「くるくる軒」の「くるくるラーメン」. 牛乳を使ったラーメンが会津で誕生したのは今から約30年前のこと。会津の郷土玩具「赤べこ」にちなんで「白べこラーメン」と名づけられた牛乳入りラーメンは、 …

and more »

恋しいポタージュ風 牛乳入り会津白べこラーメン – 日本経済新聞


日本経済新聞
恋しいポタージュ風 牛乳入り会津白べこラーメン
日本経済新聞
会津の郷土玩具「赤べこ」にちなんで「白べこラーメン」と名づけられた牛乳入りラーメンは、現在は17店舗で食べることができる。 鈴木商店の会津白べこラーメン. なぜラーメンに牛乳を入れたのかということがやはり気になるが、きっかけは「入れてみたらおいしかった」という …

『沈黙』のキリシタンは、結局なにを拝んでいたのか? – 現代ビジネス


現代ビジネス
『沈黙』のキリシタンは、結局なにを拝んでいたのか?
現代ビジネス
天草土人形は江戸時代中期の享保年間(1716‒36)につくり始められた窯焼きの人形で、その山姥は長い髪に五彩の服を着て、豊満な胸を露わに子供を抱く(あるいは哺乳する)女性の姿をしたものだった。 ここでは全く宗教性を帯びない”郷土玩具“の土人形が宗教化されたので …

みやま市観光大使に 演歌歌手の三山ひろしさん – 西日本新聞


西日本新聞
みやま市観光大使に 演歌歌手の三山ひろしさん
西日本新聞
任命式では、けん玉検定3段の三山さんに郷土玩具「きじ車」を模した特製けん玉が贈られ、「(みやま市は)僕の古里と言っても過言ではありません」と笑顔。 観光大使はさっそく、市の特産品を自らのグッズとして販売するというPRプランを披露し「自分の名前とともに『みやま』を …

春です おひなさま 南国で展示 – 読売新聞

春です おひなさま 南国で展示
読売新聞
会場には、丈夫に育つよう男の子に贈られた大正時代の豪華な内裏雛や、嫁に行った娘に実家が贈る「嫁節句」という地域の風習で昭和30年代に飾られた雛人形、立雛や紙雛といった郷土玩具など計約80点が展示されている。 同館の中村淳子学芸専門員は「親が子どもの …